おススメの肌に優しい化粧下地

敏感肌用に開発されたディセンシアがおすすめ

「肌に優しい」化粧下地と謳って宣伝している化粧水や美容液など、たくさんありますが、その中ではどこの製品がよいのでしょう?
当サイトでは、ディセンシアの製品をおススメしています。

 

ディセンシアはもともと敏感肌・乾燥肌用に開発されたブランド。
いろいろな外部刺激やアレルゲンにたいして敏感になった肌でも使えるように、専用の工夫がなされていて、数多くの雑誌やランキングで「ナンバーワン」「大賞」といった称号を獲得しています。

さらにさらに、48名の皮膚科医が認める「スキンケア大学認定品」となっており、これはクリームとしては唯一の認定になっています。

肌を見えないヴェールで覆うヴァイタサイクルヴェール

ディセンシアがお肌の痛んだ敏感肌・乾燥肌に支持されるイチバンの理由が特許技術を応用したヴァイタサイクルヴェール

これは微細なベントナイトが肌表面に擬似角層をつくり、バリア層をアシストするというもので、あたかも「見えないヴェール」のようなものが、肌の上からもう一枚バリア層をかぶせてくれるような感じです。

 

バリア層サポートを謳う化粧水は他にもありますが、ここまでバリア層を徹底して補強してくれるのはディセンシアだけでしょう。
そして、この「見えないヴェール」は外からの刺激だけでなく、中からの「潤いの蒸発」にもフタをしてくれます。

 

さらにヒト型ナノセラミドといった保湿成分がその「フタ」の下でしっかり働いてくれるので、使った翌朝にはその違いがすぐに実感できるほど(当サイトスタッフも全員それは口をそろえていました)。

 

このディセンシアには大きく分けて3つのラインナップがあります。
使い分けとしては…

 

●乾燥する時期には
「敏感肌ケア」+「アンチエイジング」機能をもった「アヤナス」

※詳細リンクhttp://ayanasu.com

●花粉症の時期には
「敏感肌ケア」に目的をしぼった「つつむ」

※詳細リンクhttp://tutumu.com

●日焼けの気になる季節には
「敏感肌ケア」に「美白」を加えた「サエル」

※詳細リンクhttp://saeru.com

 

という使い分けをおすすめします。

 

 

関連ページ

化粧下地の塗り方
化粧下地の塗り方として、顔にいきなりバーッと広げるのではNG。
化粧下地の選び方
化粧下地の選び方。成分や機能などを念頭に自分の肌質や口コミなどを参考に。そして最後は自分の肌で試すこと。
化粧下地のカバー力
化粧下地を選ぶポイントとして、カバー力を挙げる人もいます。やはり気になるのは毛穴でしょうか。
テカらない化粧下地
顔がテカらないようにするには、化粧下地を上手に使うことが有効です。
アットコスメの化粧下地口コミ
アットコスメでの化粧下地についての口コミや参考になりますが、肌質などを考慮して読み取る必要があります。
ニキビ肌と化粧下地
ニキビ肌には、化粧下地を始め化粧品をつけることは、NGだとされていますが…。