化粧下地とは

化粧下地とは?の答えはひとつではない??

化粧下地とは何かと聞かれて、正確に応えられる人は、実はそう多くはないようです。ファンデーションなどと同一視されることも多く、そのように書いてあるブログは多いようですが、もちろん化粧下地とは別ものです。
基本的に、化粧下地とは、肌のくすみや毛穴を目立たなくし、肌の凹凸をならして滑らかにするアイテムです。
肌が滑らかになることで、続くファンデーションのノリが良くなり、また化粧崩れが起こりにくくなるメリットがあります。
このごろでは、面倒なことは省いて、いきなりファンデーションから塗ればよいのではという意見も増えつつあるようです。
ですが、メイクによる肌への負担を軽くするには、やはり最初に下地を塗った方が肌のためです。

カラー付きを化粧下地と呼ぶのが主流?

コントロールカラー付きのものを化粧下地と呼ぶ場合も少なくありません。
肌色を整えることで、メイクをしても不自然に見せない演出ができ、この点でも、化粧下地とは、メイクの土台になる重要なアイテムであることが分かります。

 

また、化粧下地とは、後でメイクを落としやすくするためのアイテムでもあります。
メイクによる肌への負担を減らすことにつながり、美肌への素地を高めてくれます。

日焼け止め効果のある化粧下地も

特に、春夏の紫外線量の多い季節は、日焼け止め入りのものも人気が高いようです。
下地と一体化され、肌への負担を減らしてくれますが、肝心の日焼け止めの方では、単体で販売されているものと比較すれば、多少は落ちるというのが大方の使用感です。

肌に優しいタイプが人気が上昇中

さらに最近では、敏感肌など肌質の弱い人向けに、オイルフリーなど、肌に優しいタイプが人気が高い模様です。
低刺激であり、弱い肌質でもメイクのハードルを下げることを可能にしています。
この場合、コントロールカラーなどの付加機能よりも、「洗顔」「化粧水」「美容液」「クリーム」といった、スキンケア全般を化粧下地と呼びます。
ウィキペディアでも、この記述のほうが先に書かれています。

化粧下地とは記事一覧

化粧下地については、厚化粧になるから嫌だなどと敬遠する向きは少なくないようですが、メイクのノリを良くしたり仕上がり具合を整えたりなどのメリットがあります。ただ、それも下地の塗り方いかんが、出来栄えを大きく左右するのです。まず、化粧下地は、顔にいきなりバーッと広げるのではなく、最初に手の甲に適量(パール1つ分くらいの大きさ)取り出し、額、鼻筋、頬、あごに軽く置いてから、そこを拠点に顔の外側へ伸ばすの...

化粧下地は種類が豊富になり、現在は選ぶのがたいへんな状況です。少々労力がかかりますが、選び方のコツとしては、どんな効果が得たいのかを基準にすると、大体はうまくいきます。最近の化粧下地は、カバー力に優れたものが多く出回っています。UVカット効果が高いものもあり、選び方の1基準にはなります。ただ、こういったタイプは、肌への刺激が強めな傾向があります。肌へのダメージを最小限に抑えるため、帰宅後は早めに落...

化粧下地を選ぶポイントとして、カバー力を挙げる人は多いでしょう。メイクの初期段階で、自分の「欠点」をカバーできれば、メイクは半分できたも同然かもしれません。化粧下地は大きく、毛穴やくすみを隠すか覆うことが、カバー力の原理となっています。毛穴やくすみなど、カバーできるのはメーカーによって、得意分野があるようなので、口コミを参考にして、自分が目指すものを基準に選び取りたいものです。他には、光を乱反射さ...

「肌に優しい」化粧下地と謳って宣伝している化粧水や美容液など、たくさんありますが、その中ではどこの製品がよいのでしょう?当サイトでは、ディセンシアの製品をおススメしています。ディセンシアはもともと敏感肌・乾燥肌用に開発されたブランド。いろいろな外部刺激やアレルゲンにたいして敏感になった肌でも使えるように、専用の工夫がなされていて、数多くの雑誌やランキングで「ナンバーワン」「大賞」といった称号を獲得...

そもそも、テカるとは、皮脂が異常に分泌され、肌上に浮き出た状態を指します。そうなると、化粧ノリは悪くなり、何とか塗りおおせても、メイクが肌に浮き上がったような感じになるのが落ちです第一、顔がテカテカしていれば、女性でも脂ぎったような印象を与え、老けて見られがちです。夏以外の季節でも注意は必要で、また脂性肌以外の肌質でも、テカることは往々にしてあることです。対策の1つとしては、化粧下地を使うことがあ...

メイクをきれいに仕上げるには、下地が左右することは、今や常識です。アットコスメのベストコスメ大賞の「化粧下地部門」で入賞したものは、それ相応の価値があります。肌質による違いはあるにしても、大いに参考にはなります。化粧下地に求められるのは、何といってもカバー力です。アットコスメに寄せられた口コミを見ても、毛穴、テカり、乾燥など、肌トラブルの内容は違っていても、カバー力の高いものが、高く評価されている...

ニキビ肌には、化粧下地を始め化粧品をつけることは、NGだとされています。やむをえずメイクをするとしても、肌をゴシゴシこするような真似はせず、肌荒れを悪化させないことが大切です。思春期のニキビは、ホルモンバランスの変化で皮脂分泌が過剰になったものですが、大人の場合は、毛穴に皮脂や汚れがたまり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしたものです。原因には、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなど、生活習慣の乱れが大...