化粧下地の選び方

化粧下地は種類が豊富になり、現在は選ぶのがたいへんな状況です。
少々労力がかかりますが、選び方のコツとしては、どんな効果が得たいのかを基準にすると、大体はうまくいきます。

 

最近の化粧下地は、カバー力に優れたものが多く出回っています。
UVカット効果が高いものもあり、選び方の1基準にはなります。
ただ、こういったタイプは、肌への刺激が強めな傾向があります。
肌へのダメージを最小限に抑えるため、帰宅後は早めに落とすのが賢明です。

 

また、化粧下地にコントロールカラーを兼ねそろえたものも増えてきていて、肌色をカバーしたい向きにオススメのタイプです。
適切な選び方としては、血色を良く見せるにはピンク系、透明感を出すにはブルー系、赤みを抑えるにはグリーン系といった具合です。

保湿などのスキンケア力もポイント

他には、乾燥肌や敏感肌の場合の選び方として、保湿もできるものがオススメです。
時々乳液などに、化粧下地としても使える旨が記載されていることがありますが、それが肌質に合っているのであれば、実際に下地として使っても問題はないでしょう。

 

とはいえ、予算が限られている中、下地のために多くは割けられないというのが大方の本音でしょう。
価格も選び方の1大基準となっているのは間違いないようで、口コミから察するに、3千円以下あたりが目安となっている模様です。

 

化粧下地は、メイクの土台であり地味なアイテムですが、それでもお試しは必要です。
ドラッグストアなどの店頭にテスターがあれば利用するも良し、ブランドカウンターなどで、時間がないからとか言って、サンプルをもらってくるのもアリです。
手の甲などにつけ2時間ほどおいて様子を見ると、大体の判断はできます。

肌に優しい化粧下地・どんな製品がおすすめか?クリック!