化粧下地の塗り方

化粧下地については、厚化粧になるから嫌だなどと敬遠する向きは少なくないようですが、メイクのノリを良くしたり仕上がり具合を整えたりなどのメリットがあります。ただ、それも下地の塗り方いかんが、出来栄えを大きく左右するのです。

 

まず、化粧下地は、顔にいきなりバーッと広げるのではなく、最初に手の甲に適量(パール1つ分くらいの大きさ)取り出し、額、鼻筋、頬、あごに軽く置いてから、そこを拠点に顔の外側へ伸ばすのが、塗り方の基本です。基本を守れば、塗りムラのリスクを減らし、かんたんに顔に均等に伸ばすことができます。

化粧下地は指だけで塗ろうとはしない

注意点としては、化粧下地は指だけで塗ろうとはせず、手のひらも使って、手全体で塗るのが、塗り方としてベターです。額や頬など、面積が広い部分から始めると塗りやすいでしょう。

 

総じて、顔の毛穴は下向きにあるので、片手で皮膚を上に引っ張って抑えたままで、もう片方の手を使って、下地を毛穴に押し込むように塗ると上手くいきます。化粧下地の塗り方が良いと、表面の凹凸がキレイにならされるので、ファンデがつきやすくなります。細かいところでは、口周りやほうれい線は、化粧崩れが起きやすいので、指の腹で軽くタッチするように塗るのがコツです。

目周りは皮膚が特に薄いので優しく塗る注意を

さらに、目周りは皮膚が特に薄いので、指先で優しく塗る点も要注意です。
顔の中でも比較的デリケートな部分なので、こすったりしようものなら、肌を痛め黒ずんだりすることもあるので、あくまで優しくが基本です。

 

ちなみに、化粧下地は、美容液と混ぜて使うのも、オススメの塗り方です。混ぜないのと比較すると、肌への伸びが向上し、手軽な保湿ケアまでも、ついでにできてしまいます。

肌に優しい化粧下地・どんな製品がおすすめか?クリック!