肌に優しい石鹸

やっぱり液体タイプは避けるべき?

傾向として、肌に優しい石鹸とは、固形タイプが大部分を占めると言えます。
現在ではボディーソープが使いやすくて人気のようですが、肌荒れの原因になり得るので要注意です。

 

固形石鹸とは対照的に、ボディーソープには化学成分が多用されています。
中でも問題なのが、合成界面活性剤の使用です。

 

界面活性剤とは、水と油をなじませ、汚れを落としやすくする成分です。
ところが、ボディーソープに入っているのは、石油系の原料で作った合成界面活性剤が大半で、日常的に使うのはリスキーです。
敏感肌やアトピーの人は、液体状の石鹸は避けた方が賢明でしょう。

固形ならば肌に優しいとはかぎらない

一方、固形石鹸は原則、動植物の脂を原料に、それをアルカリで煮立てて製造されます。
合成界面活性剤を使う必要がないので、肌に優しい石鹸として固形のものを推す向きは多いようです。

 

とはいえ、固形石鹸でも、香りを良くしたり、泡立ちを良くしたりするため添加物が入っているものが多いので安心はできません。
価格が少々高くなるきらいはありますが、肌の健康に不安がある場合、無添加・無香料の肌に優しい石鹸を選んだ方がベターです。

 

「自称」肌に優しい石鹸をつかまされないよう、成分表示は要確認です。
主原料として、石鹸素地(必須の原料!)、脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウムなどで占められていれば合格点です。
固形タイプは、液体と比較して泡立ちにくいのが難ですが、泡立てネットを使えば容易に泡立ってくれます。

 

また、固形石鹸は浴室で濡れたままにしておくと、石鹸が雑菌の格好のエサになり、肌に優しい石鹸のはずが「凶器」になり得ます。
使うたびに風通しの良い所で乾燥させ、菌の繁殖を抑えることが重要です。

関連ページ

肌に優しい化粧水
肌に優しい化粧水の条件=「肌に良いものが入っている」なおかつ「肌に悪いものは入っていない」ということです。