肌に優しい化粧品

肌に優しい化粧品の条件

肌に優しい化粧品、と言った時、まず最初に思い浮かぶのが、「安全」であることです。
最近の化粧品の中には化学的に生成された成分もいろいろ入っています。
その中には肌にあまりよろしくない成分が混じってるかもしれません。

 

では、それだけを求めていくとどんどん低刺激のものになり、究極は「水」になってしまします。
それも水道水では塩素などが残ってる可能性があるので「純水」ということになります。
しかし、それではすでに「化粧品」としての機能を果たせません。

 

そこで各社ともさまざまな研究と工夫を重ねていますが、最近、賛否両論あるのが「ナノ化成分」とか「肌の奥底まで浸透する成分」というやつです。
これは、「効果をできるだけ奥まで届ける」ということでは意味がありますが、逆に言えば、それだけ人体に対して強い作用があるということでしょう。
なので、「肌に優しい」を求める人は注意が必要です。

 

一方、注目されているのが「バリア層をサポートする」というコンセプトです。
皮膚そのもののミッションが、「外界から身体を守るバリア」なわけですが、皮膚の中にも、さらにその働きを守るためのバリア層があります。そこが損なわれると、さまざまなトラブルの原因になることが分かっていますから、まずはそこの働きをしっかりサポートするということです。

肌に優しい化粧品記事一覧

肌に優しい化粧水にはどんな条件があるのでしょうか。ポイントをまとめると、●肌に良いものが入っている●肌に悪いものは入っていないの2点に絞られるでしょう。ですが、この2点を同時に満たしているものは、意外と少ないのが現状です。例えば、このごろの製品名や広告で多用される嫌いのある「無添加」という表示。これもくせものです。一般的なイメージでは、合成化学成分が入っていない=肌によさそうですが、無添加の表示に...

傾向として、肌に優しい石鹸とは、固形タイプが大部分を占めると言えます。現在ではボディーソープが使いやすくて人気のようですが、肌荒れの原因になり得るので要注意です。固形石鹸とは対照的に、ボディーソープには化学成分が多用されています。中でも問題なのが、合成界面活性剤の使用です。界面活性剤とは、水と油をなじませ、汚れを落としやすくする成分です。ところが、ボディーソープに入っているのは、石油系の原料で作っ...