日焼けのケア方法

日焼けと化粧下地

日焼けの一般的なケアは、まず紫外線を避けることからはじまり、浴びてしまった後の保湿ケアなどがあげられます。
そのためには、「化粧水で肌を整える」「日焼け止めで紫外線をカットする」「日焼け後にしっかりと保湿する」などのケアが考えられますが、これらも言ってみればすべて「化粧下地」と呼ばれる範囲です。
つまり、「化粧下地」をしっかりと理解して行っていれば、日焼けのケアも自然とできる、というわけです。

 

日焼けのケア方法記事一覧

日本には、春夏秋冬の季節があります。日焼けをする季節と言えば5月くらいから9月くらいがピークと思っている人が多いです。でも、デパートの化粧品売り場を見てください。3月にはすでに美白の新商品がずらりと並んでいます。つまり、3月はすでに紫外線がたっぷりと出ているのです。肌寒いからと日焼け止めをつけずに、アウトドアをしたら、うっかり日焼けをしてしまったなんてことになりかねないのです。

日焼けした肌は一見健康的に見えますが、肌はたいへんな思いをしているかもしれません。紫外線と熱が肌を攻撃したわけですから、肌が乾燥し、バリア層が壊れています。すると、肌細胞の代謝が悪くなり色素が沈着してシミやシワの原因になってしまします。ただ、どんなに予防や対策をねっても、完全に紫外線をシャットアウトする事は難しく、地球上で生きている限り多少の日焼けは起こります。又、浴びた紫外線の影響はすぐに出てこ...

同時に、化粧下地と日やめ止めを使うに当たり、使う順序で悩むことは多々あるようです。口コミでも意見が分かれているのが現状で、それぞれポリシーがあるのもまた、話を難しくしています。ですが現在、日焼け止め、化粧下地の順でつけるのが大勢のようで、それが正しいとするサイトも多く存在します。確かに、こうすることで化粧下地の方が上にくるので、次いでファンデーションのノリが良くなるメリットはあります。ただし、日焼...