肝斑(かんぱん)

肝斑とは

肝斑とは、妊娠中やピルの服用時などに生じやすいシミで、目の周囲に左右対称の形で現れる場合が多いです。
原因は、紫外線が主なきっかけとなっている普通のシミとはことなり、妊娠中などに現れやすいことから、女性ホルモンのホルモンバランスが関係していると考えられています。
そのため、通常のシミに対するケア方法では、あまりかんばしい効果を上げることが難しいとされているのです。

化粧下地などによるスキンケアだけでなく内服薬が有効

皮膚科などで肝斑だと判断されると、一般的に処方されるのは内服薬です。
そこで処方されるのは、ビタミンC製剤(シナール)やトラネキサム酸(トランサミン)が一般的です。

 

同類の治療薬は市販薬にもあり、薬局などで販売されている「トランシーノ」の成分は、ビタミンCとトラネキサム酸です。

 

ただ、皮膚科で薬を処方してもらえば保険も使えるので、クリニックへ行くことが億劫でなければ、クリニックで処方してもらったほうがお得かもしれません。皮膚科で診察をする時は、当然ですが、ノーメイクで行くのが基本中の基本です。

 

内服薬で治療するにしても、お肌の手入れは「放置常態」でいいわけはなく、健全なターンオーバーのためにも、皮膚に刺激のすくない、お肌に優しいスキンケアで乾燥を防ぎ、バリア層の保護をつとめましょう。

関連ページ

ケロイド
ケロイドは化粧下地など、通常のスキンケアでは対応がむずかしい症状になります。