化粧下地でカバーできない肌トラブル

化粧下地でどこまでカバーできるか

化粧下地は、メイクアップする前段階で、いろいろな肌のトラブルをケアしておくものです。
なので、ごく一般的な洗顔や化粧水によるケアも化粧下地と呼びます。
それらのスキンケアは、あくまで肌を健やかで自然な状態に保つためのもので、急性の重篤状態に対応できるものではありません。

 

また、気になる濃い目のシミなどをメイクアップ前にコンシーラーなどでカバーすることも化粧下地と呼びますが、それにしてもカバーしきれないシミやトラブルは存在するのです。

化粧下地でカバーできない肌トラブル記事一覧

肝斑とは、妊娠中やピルの服用時などに生じやすいシミで、目の周囲に左右対称の形で現れる場合が多いです。原因は、紫外線が主なきっかけとなっている普通のシミとはことなり、妊娠中などに現れやすいことから、女性ホルモンのホルモンバランスが関係していると考えられています。そのため、通常のシミに対するケア方法では、あまりかんばしい効果を上げることが難しいとされているのです。

ケロイドとは、傷跡などが赤く盛り上がり、それが長期間にわたって持続している常態です。それも1種類ではなく、医学的には真性ケロイドと肥厚性瘢痕の2種類があるとされます。いずれもキッカケとなるのが外傷=ケガやヤケドなどです。白人よりも黒人やモンゴロイド、肌色の白い人よりも黒い人に発生しやすいことから、遺伝的な原因もあると考えられていますが、諸説あるのが実情です。「でも、よほどひどい怪我でなければケロイ...